いい音楽と金

随分ブログをサボってしまいました。


先日誕生日を迎え、沢山のお祝いのメッセージを頂きありがとうございました。

さて、最近ネットではプロデューサー佐久間正英さんが書いた以下のブログについて、色々な議論が取り交わされています。

「音楽家が音楽を諦める時」
http://masahidesakuma.net/2012/06/post-5.html
http://masahidesakuma.net/2012/06/post-6.html

僕の友人のオカリナ奏者、みるとさんもこの記事に対してブログを書いています。

「音楽家が音楽を諦める時」を受けたブログ記事とコメントを受けて書くコラム・・・
http://ameblo.jp/milt-ocarina/entry-11280327376.html

つぶやきかさこさんのこんな反対意見も。

金がないから「いい音楽」作れない?~ビジネス感覚なき職業音楽家の末期症状
http://kasakoblog.exblog.jp/18220333/

上記以外にも様々な方が様々な意見をfacebookやブログなどで発表されています。
基本人の意見に流されやすい僕は、賛成反対どちらも、「なるほどそういう意見もあるのか」と思いますが、じゃあ実際僕はどう思っているんだろう・・・?


そういえば丁度僕が仕事を始めた時ぐらいから、誰でも低コストでそこそこの音楽が作れるような流れになってきました。PCの低価格化、マイク含め周辺機器の低価格化で僕自身もその流れを追いかけてきました。
かと思えば、僕の初仕事はNHK関連のRECで、グランドピアノが2台入るような大きなスタジオで、超高級マイクで録って頂いた時の縮まりと広がりのある音は今でも忘れられません。それからどんどんと縮小傾向になり、最近では自宅でRECしたものをネット送信、その流れはこれからもっと顕著になっていき、僕らはもしかしたらそういう良いレコーディングを経験出来る最後の世代だったのかもしれません。


音楽とビジネスというのは本当に妥協点が難しい。例えば楽器も一緒です。200万以上の銘器を持っているギタリストは少なく無いですが、それがギタリストとの仕事的に費用対効果に見合っているかどうかは?
もちろん30万の楽器でも演奏出来ないことはないし、300万のギターを使ったコンサートのチケットが3万円になることもない。でもやっぱり銘器が出す音は自分を育ててくれると思いますし、自分の納得する音を世の中に出す、それが音楽家のプライドでもあったりするわけです。これが無くなったら音楽家として失格かなとも思います。

その一方で、音楽家とビジネスマンの意識の違いも感じます。友人であるビジネスウーマンとよく話をしますが、彼女の話は費用対効果の合理性もあり、コストの先にある回収を常に考えてアイデアを出している。そこには上記のプライドだったり音楽家の拘りはなく、単純に利益を出すための仕組み。そういうものづくりに大事なもの(と思っている)を排除した物の考え方を僕ら音楽家は悪だと感じてしまうわけですが、そもそもそれ自体がこの世の中での少数派ということを認識しなければいけないのかもしれません。


音楽を売るということが産業としてどんどん成り立たなくなっているのは事実、でもこの目まぐるしく変わる世の中ではそれも仕方のないことかなとは思っています。それぞれがプライドとコストの妥協点を見つけて、うまく立ちまわっていかなければ淘汰される。そんな時代に僕も自分なりの考えを持って対峙していかなければ、と考えさせられました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もとき

Author:もとき
11歳よりクラシックギター、13歳よりエレキギターを始める。クラシックギター
を木村恵一、 小川和隆に師事。また、師である10弦ギタリスト小川和隆の影
響を受け10弦ギターでの演奏を開始。ジャズギター、音楽理論を天野丘に
師事。
クラシックギターの奏法を軸に様々なジャンルのアーティストと共演し、
今までに数多くのレコーディングやライブに参加。

また作曲家、アレンジャーとして映画音楽、ゲーム等各方面に
曲を提供し、ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している。

ギター実演
岡本知高シングルNHKみんなのうた「空へ」
新妻聖子「MUSICAL MOMENTS」収録「Memoly」「 I'll Never Fall In Love Again」
伊藤咲子「伊藤咲子全曲集」収録「木枯らしの二人」
合田道人「合田道人全曲集」収録「門出の乾杯~わかれのグラス~」
マジカルハロウィン4挿入歌「上田敦美/Crossing Heart」
マジカルハロウィン5挿入歌 「久遠の絆 / Atsumi Ueda」「月の翼 / Sana」

監修・演奏・解説
「島村楽器株式会社クラシックギター教本」

作曲
中国映画「奔爱」オープニングテーマ※菊地圭介氏と共作
中国映画「海を超えた愛」楽曲制作
Winking Entertainment 「Heroine Anthem ZERO」BGM製作
FEEL THE NATURE -TAHITI BLUE-

最新記事
Twitter on FC2
weibo
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード