ホームページ更新

震災から2週間立ちました。
東京周辺は徐々に落ち着いてきてはいますが、計画停電だったり、電車のダイヤが乱れたり、買い占めで食べ物がなかったり・・・。また、半年後、1年後の経済への影響も怖いですね。

僕もコンサート、レコーディング、生徒さんのレッスンが次々にキャンセルになりました。
今まで計画していた今後のことも一旦ストップせざるを得なくなりました。

それでも、夏に向けて色々とコンサートが決まってきています!
今年は初の関西と、四国の高松にフルート奏者増田景子さんのツアーで行きます!
詳しくはホームページで!

4月の頭には、新トリオで、ジャズライブをやります。実は年末からこそこそとリハーサルを続けてきました。生音と節電にこだわった、不思議な空間でのライブになる予定です!
live.jpg
4月6日(水) 節電ナイトジャズライブ
Vo. MAKI
Bs. 古谷充
G.大野元毅
場所:立川ハーフトーン

チャージ ¥2,000

オールジャズ・ブラジルプログラムで、僕の普段やっているフィールドとは違いますが、いい演奏が出来るよう練習中です~~
スポンサーサイト

台湾2日目

台湾2日目

1日目あまり寝れずに結構疲れていたので朝遅くの起床。この日の夜は昔日本に来てた台湾の留学生で、一緒に語学の勉強をしていた人と食事の予定。夜までは特に予定もなかったので台湾の町をぶらぶらすることにした。

まず向かったのは台湾の秋葉原と呼ばれる忠孝新生。ここには色々なPCパーツや電化製品を扱う店が並ぶ、まさに秋葉原的な店。そしてサラリーマン向けの安食堂も立ち並ぶ西新宿のような一面もあるという不思議な町。
送信者 台湾

ここでサラリーマンに混じって弁当を食べ、ぶらぶら歩く。価格は日本とそんなに変わらないかな。でも変なグッズとかは安い。ここで、被災地に向けてLEDの懐中電灯を買う。あんまり安くしてくれなかったなあ・・・。面白かったのが、露店でプリンタのインク補充サービス屋さんが立ち並んでいるということ。まぁインク高いもんね・・・。

その後MRT(地下鉄)に乗って、中正紀念堂に向かう。
送信者 台湾
送信者 台湾
かなり広い敷地で、寒くて風が強い日だったが沢山の観光客がいた。

一旦宿に帰り荷物を置いて、まだ時間があるのでおやつにかき氷を食べる。台湾といったら甘味!マンゴーかき氷を頂きました。
送信者 台湾


その後待ち合わせの太北京站という大型百貨店へ。
送信者 台湾
3年ぶりくらいの再会で、日本に留学経験のある人達みんなで台湾のイタリアンを頂きました。(写真を忘れた!)



~3日目~
4日目は朝出発なので、最後の行動日。朝、掃除のおばさんと話して、どこが面白いか聞いた。近くで大規模な花の博覧会がやっているらしく、近くまで行ってみようと思って無料シャトルバスに乗ってみた。
送信者 台湾
近くで水餃子と酸辣湯を食べて腹ごしらえ。美味しかった!台湾はとにかく飯が安くて美味い。
送信者 台湾


その後台北の割と郊外にある、オカリナの先生の唐先生の教室に遊びにいく。教室で唐先生とも色々な話をした。台湾での音楽活動のことや、何故日本の演奏家を招待するのかなどディープな部分を沢山聞いた。その後ベーシストの大恭さんも遊びに来て(彼はディジュリドゥ奏者でもある)、セッション大会が始まる。唐先生はアイリッシュフルートやティンホイッスルを大阪の先生に習っているらしい。その他ブズーキなどの弦楽器なども弾くマルチ奏者。
送信者 台湾
(facebookで僕を登録してもらえればこの時のセッション動画が見れます!)

唐先生とお別れして、彼が紹介してくれた日本人の経営するというジャズバー,jazz spot swingへ行く。ここは現地の日本人の歓楽街のある林森北路で、そういうお店が沢山ある。ちなみに初めて台湾に来たときにこの近くに泊まったので、非常に思い入れがある。初めて訪れた海外の地でもあり、僕の中華熱はここから始まったのだ。
送信者 台湾
送信者 台湾


タクシーで行けと言われたが、自力で見つけ中に入る。オーナーは台湾歴30年、オルガン・ピアノ奏者。とても良い方!
送信者 台湾
お客さんも一緒に演奏。この日は80近くのおじいさんジャズピアニストが遊びに来て演奏してくれた。お客さんも一緒にセッション。僕もちょこっと演奏。
送信者 台湾
イケメン店員と星型果物。
送信者 台湾

終電近くまでお邪魔して、帰宅!!

そんなこんなで今回の僕の旅は終わりました。観光というか、色んな人との繋がりで色んな人に会ったこの旅行。
やっぱり台湾は素敵な町だった。



地震と台湾記録1日目

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、
ご家族ならびにご関係者の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

地震のとき、僕はレッスンの教室にいました。7階だったので激しく揺れました。あの時はまさかこんなに被害がひどくなるとは思いもよりませんでした。

そんな中、月曜日から木曜日まで台湾に行ってきました。こんな時に、と思い、行くかどうか迷いましたが他の皆さんの後押しもあり、行くことにしました。日本のこともあり心から楽しめた旅ではないですが、せっかくなのでブログに記録しておこうと思います。

~1日目~
今回羽田空港発、松山空港行。羽田を7時に出る便なので羽田空港内で一夜を明かしました。テラスが解放されていて、そこからの景色は綺麗でした。
送信者 台湾

朝の10時に台湾につくと、いきなりテレビ局のリポーターからインタビューを受ける。地震の時何してたとか、こんな大変な時に台湾に何しに来たか、とか。そんな日本語でも答えにくいことを・・・。友達に会う、と言っておいた。放送されたのかな。

友達から紹介された倫敦樂器という楽器屋さんへ。今回は台湾で路上をしようと思い店員さんに色々情報を聞いてみると、西門町がいいだろうということ。でも平日はあんまり人がいないよと・・・。
ここで台湾の曲の楽譜を買う。

タクシーで宿に向かう。今回の宿は士林夜市の近くの宿、というか貸し部屋。部屋以外は何も無い。でも安い。

駅について電話すると部屋の予約が上手くいってなくて、若干トラブる。予約した人と違う人に電話したからか・・・。結局大丈夫だったけど。荷物を置いて、ネットにつなぐと、今回会う予定のオカリナ奏者から、この近くに知り合いの楽器屋があるからいってみるといいよ、と。そこはオカリナとギターをメインに扱う楽器屋さん,士林樂器
送信者 台湾
送信者 台湾


方店長はギターが詳しく、店に偶然いた陳さんはオカリナ楽団の団長で、二人から台湾の音楽関係の話を色々聞いた。そして、店長から台北に手工ギターを作っている楊さんを紹介してもらい、タクシーで店へ。超不機嫌な運転手にあたり、店もなかなか見つからず気分が悪い・・・。

やっとのことで見つけたお店,弦の音楽器行にはクラシックギターの他、アコースティックギター、バイオリン、琵琶などが並べてある。
色んなギターを見せてもらった。普通のモデルからスモールマンのような格子型力木のもの、インレイがほどこされているもの・・・音色は音量が大きいタイプではなく、表面板も厚めのどっしりとした音が出るタイプ。玄人向きという印象。
送信者 台湾
送信者 台湾


楊さんと長い間話し合い、台湾のギター界のことを色々聞いた。僕も一度お話をしたことのある上海音楽院の葉登民先生とも知り合いだそう。ギターも教えているそうで、8時に生徒が来たのでいよいよ西門町へ。
送信者 台湾

此処に来るのは3度目、僕が台湾に来たのも3回目、つまり毎回来ている台湾の渋谷と言われる場所。平日なのに賑わっている。どこで路上を演ろうか迷っていると、いきなり声をかけられた。どうやらクラリネットを勉強していて、一緒にバンドを組みたいらしい。んで、ギターを担いでる僕に声をかけたと。僕は日本人で、木曜日に日本へ帰るというととても残念そうだった。だけど、一緒に路上で演奏することに。
ちょっと演奏してすぐに、不思議なカッコのおじさんに話しかけられる。そして延々喋りまくる・・・俺の好きな歌はなんだとか、その歌を初恋の子に歌ってあげたとか、色んなところのヤクザと繋がってるとか、ペラペラととにかく喋る!おかげで演奏に集中出来ないし、他の人寄ってこないし、風も強くなってきたので終了。。。

その人にありがとうを行って、一人士林夜市でご飯を食べ、ぶらぶらして1日目終了。

南の島が呼んでいる

3月になったというのに寒いですね。僕は寒いのが苦手です。(夏になると暑いのが苦手になるんですが)

3月は大体毎年旅行に行っているのですが(去年は沖縄でした)
今年は時間もとれなく、またカメラも買っちゃったし大人しくしてるかな~と思っていたところ・・・

丁度空きが取れそうなところに羽田発着の台湾行き、しかも総額3万を切ってる航空券の空きが!

衝動的にポチってしまいました。

ということで来週から4日間、台湾に行ってきます。思えば僕の中華熱は、6年以上前に仕事で関わってたプロジェクトで台湾に連れていってもらってから始まりました。実はそれが初めての海外で、言葉もわからず40元とか書かれた果物を100元で買わされるという洗礼を受けてから中国語勉強熱が高まり、それが今まで続いて来ました。思えばそれからの6年は、それまでと違う色々な出会いがあり、勉強してきてよかったなと思っています。

ただ、台湾はそのプロジェクトで行った一回、その時のメンバーと旅行で行ったのが2回目、一人旅は今回が初めてになります。旅の醍醐味はなんといっても一人旅!
今回は昔日本に留学していたときの友達と再会するほか、台湾オカリナ協会の重鎮から紹介してもらった台北在住のオカリナ奏者と会う予定。また現地の楽器屋やギター関係の施設も見学予定です。


ここから仕事の話。

前回の宣伝で紹介した、僕のアレンジプロデュースした夏川玲さんの「さらり」
ここのブログ経由で購入して頂ければ1200円→1000円になります。
きっとサイン付きになるはず!メッセージまたはコメントでご一報ください。

「夏川玲検定」4位です!





カンボジアの続編。

前回現地でお世話になったnyonyumの方、プロジェクトに携わっている方のブログに前回の活動の様子が紹介されていました!(偶然みつけた)
こちらも是非ご覧になってください。

http://chhnang.jugem.jp/?month=201101

http://cafekhmer.at.webry.info/201101/article_23.html


プロフィール

もとき

Author:もとき
11歳よりクラシックギター、13歳よりエレキギターを始める。クラシックギター
を木村恵一、 小川和隆に師事。また、師である10弦ギタリスト小川和隆の影
響を受け10弦ギターでの演奏を開始。ジャズギター、音楽理論を天野丘に
師事。
クラシックギターの奏法を軸に様々なジャンルのアーティストと共演し、
今までに数多くのレコーディングやライブに参加。

また作曲家、アレンジャーとして映画音楽、ゲーム等各方面に
曲を提供し、ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している。

ギター実演
岡本知高シングルNHKみんなのうた「空へ」
新妻聖子「MUSICAL MOMENTS」収録「Memoly」「 I'll Never Fall In Love Again」
伊藤咲子「伊藤咲子全曲集」収録「木枯らしの二人」
合田道人「合田道人全曲集」収録「門出の乾杯~わかれのグラス~」
マジカルハロウィン4挿入歌「上田敦美/Crossing Heart」
マジカルハロウィン5挿入歌 「久遠の絆 / Atsumi Ueda」「月の翼 / Sana」

監修・演奏・解説
「島村楽器株式会社クラシックギター教本」

作曲
中国映画「奔爱」オープニングテーマ※菊地圭介氏と共作
中国映画「海を超えた愛」楽曲制作
Winking Entertainment 「Heroine Anthem ZERO」BGM製作
FEEL THE NATURE -TAHITI BLUE-

最新記事
Twitter on FC2
weibo
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード