八王子音楽院発表会

22日と28日は僕が講師を勤める八王子音楽院の発表会でした。
僕がプロとして音楽活動を始めて、一番最初に講師として行ったのがここです。
院長の広瀬先生もピアニストとして精力的に活動をされている方で、ポピュラーとクラシックとリトミックで
まるまる三日間という毎年大規模な発表会になっています。

昨日はポピュラーの発表会で、僕の生徒の伴奏、歌の生徒の伴奏、講師演奏という感じで演奏してきました。
小学生の生徒と一緒にギターで2重奏したり、(前日にレッスンをサボった!)
高校生バンドに混じって久しぶりにディストーションバリバリなロックを弾いたり(当日しか合わせられなかったけれど、みんな非常に練習してきたようでうまく決まってました。一番ダメだったのは進行を間違えた僕)
講師の夏川玲先生と一緒に去年5月以来の再演「フラメンコかっぽれ」を弾いたりして、(初めて譜面通りの尺で演奏できたかも?ファド「海から生まれしもの」も弾きました。いい曲ですね)
朝からリハーサル晩まで本番のなかなかハードな1日でしたが、1年に一回の他の先生との交流などもあり、充実した一日になりました。
(機材搬入で筋トレしたため今日は筋肉痛です)
スポンサーサイト

現代ギターのレビュー

現代ギターの4月号に僕のCD「霓のみち」のレビューが掲載されています。
沢山良いことを書いてもらって嬉しい限りです。
アコースティックギターのスペシャリストですって(照)

明日は僕が講師をやっている八王子音楽院のポピュラーの部で
去年5月に共演させて頂いた夏川玲先生と講師演奏します。
ファドの曲と、もう1曲はお楽しみです!

あとは小学生と高校生の生徒の伴奏も弾きます。


クラシックギター教則本

去年の春からずっと取り掛かっていた教則本がやっと完成しました!

島村楽器から出るクラシックギター教則本の監修をやらせて頂きました。
DVDの出演と演奏もやってます。

クラシックギターを全くの0から始める人をターゲットに、講師と一緒に合奏しながら
基本的な奏法をマスターしてしまおう!そして最後にはソロも弾いてしまおう!!という
教本です。

エクササイズは僕が書き下ろしたオリジナル楽曲とアレンジで、従来な初歩の教則本の課題曲でありがちな
ものではなく、DVDと一緒に弾くことで、和音の広がりや、リズム感といった耳を鍛えることが
できるように配慮しました。

またこの教本には、最近のクラシックギター教本で多いTAB譜は一切載せませんでした。
もちろん、タブ譜にも利点はあるのですが、視覚的に音楽を理解するという意味ではやはり五線譜、
ということで、0から始める人にも是非五線譜を読めるようになってほしいという思いから
全て五線譜表記になっています。この本を終えるころには第一ポジション+αの音名が習得できる、
というのが目標です。

今までの一般的なクラシックギター教則本とは一線を画す「島村楽器のクラシックギター教則本」
全国の島村楽器で発売しております!

沖縄で出会ったチタンギター

IMG_4248.jpg

沖縄旅行中は全く音楽とは関係のないことをするつもりでしたし、実際そうだったのですが、
偶然の出会いから沖縄で全く新しいギターを知ることができました。

沖縄の北部をドライブして、国道329号をコザ方面に向かって走っていると、「ギター製作、改造、チタンギター」こんな風に書かれた大きな看板が目に入りました。
ちらっとしか目に入らなかったので、「へぇ~沖縄もギターを作ってる人がいるのかー。どんなギターか気になるな~」
くらいでそのまま通過してしまいました。

ホテルに着いて、さぁ歩いてコザを探索しよう!と思って街歩きしていたら、やっぱりさっきのギターが気になります。
やっぱり工房を訪ねてみよう、と歩いて訪ねてみることに。思いのほか距離があって、多分5キロぐらい歩いたような
気がしますが、なんとか辿り着くとなんともう閉まっていました。このままでは悔しいので看板に書いてあった
電話番号に電話すると、今は他の場所でちょうど展示しているとのこと。ここまで来て引き下がれない僕は
タクシーで会場へ向かうことに。意外と距離があり、跳ね上がる料金メーターにドキドキしながら到着。
制作家の松田さんとお会いすることが出来ました。

このギター「チタンギター」と言って、チタンって最初は沖縄の地名かなーと思っていたら、なんと金属のチタンを
裏板に使用しているギターなのです。またブリッジにも表面板に均等に力がかかる工夫がしてあり、サウンドホール
側から牛骨のチップで弦を止めるようになっています。

試奏してみようと手に取ってみるとズッシリと重い。裏板に1mmか0.5mmのチタン板を使用しています。
実際音を出すとその音量の大きさに驚かされました。低音はずっしりと豊かで、またハイポジションまで音が詰まることがなく伸びる。
改造の元になっているギターはタカミネか松岡の安いモデルらしいのですが、僕は松岡を改造したものがより音質が豊かに聞こえました。最初は若干金属的な響きに戸惑いもありましたが、音量感と音の伸びが非常に新鮮でした。

IMG_4246.jpg

松田さんと最後に2ショット。

IMG_4245.jpg

このチタンギター、どんどん改良を重ね、今も進化の途中らしいです。
沖縄にお立ち寄りの際は是非一度弾いてみてください。

沖縄

沖縄から帰ってきました。

高校の修学旅行にはじまり仕事などでも何度も訪れている沖縄ですが、
完全な一人旅は初めてだったのでとても面白い4日間になりました。

東京で大雪が降った(らしい)あの日は沖縄も相当寒くて、しかもその日に
レンタルバイクを借りていたので、極寒の中万座毛まで沖縄ツーリングを敢行してきました。
景色などを楽しむ余裕もなく、沖縄で凍えるはめになるとは・・・。
手が寒さで震えて写真はボケボケでした(笑)

その後はすっかり天気も回復し、楽しいドライブをすることが出来ました。

今回はアメリカの密接な関係のある街、コザを体験したのが大きな収穫でした。
コザは本当にディープな街でした。昼間行った時は人がほとんどいなくて、失敗した!と思ったのですが。

そして沖縄で旅の途中出会った人たち、それぞれみんな個性的で、色んな生き方があるんだな~と
考えさせられました。

ふらっと立ち寄ったアメリカンなバーで出会った沖縄に20年以上住んでいる沖縄弁ペラペラなマスター、スティーブさん「結婚なんて1回2回失敗してもいいじゃん~日本人は考えすぎよ~」

こちらも23年沖縄に住んでいる女好きのスコットさん「俺はこっちと東京に二人彼女がいて、土曜日からタイで2週間vacationなんだ、4日間だけじゃvacaitonにならないョ~」

浜比嘉島の売店のおじいさん「橋が出来て人が沢山くるようになったけど、お金儲けのことばかり考えないように気をつけないと。そこのおばさんたちが特産とか言って品物を売ってるけど、みんなマズイものばかりだよ、お金取ってごめんな、110円だけど100円でいいよ」

そんな色んな人の交流が景色とともに良い思い出になりました。

そして、また後日書きますがチタンギターを作っている松田さんとの出会いなど、これだから旅はやめられないですね。


暫くお金を貯めて、また旅行の計画をしたいと思います(笑)

音楽を言葉で伝える

先日、僕がアレンジとギターを担当したCDのミックスに立ち会いに行ってきました。

僕が担当したのは打ち込みでトラックをいっぱい使ったロック系と、ギターと歌だけの
シンプルなアレンジの全く正反対の2つの曲でした。

エンジニアに対してこの楽器の音量をどうこうとか、音質をどうこうとか指示を出すのですが、
「ここのギターを小さく」などはまだいいのですが、なんかしっくりこないんだけど何かが違う、
といった部分に対して指示を出すのはとっても苦労します。

耳に全神経を集中して、タイミングなのか、音質なのか、音量なのか、というのを分析するのですが、
何回も指示を出してもやっぱり上手くいかない、っていう部分はあります。


「少し音量を押さえて」の少しの加減が違ったり、「この音色を柔らかく」なども捉え方で変わる。
そして、曲の聞こえ方がかなり変わってきてしまうのです。

音楽を言葉で伝える難しさ。

それを痛感した一日でした。


来週から沖縄に一人旅に行ってきます。海外はチケットがとれず断念。
沖縄をレンタルバイクで廻ったり、コザにも滞在しようと思います。

沖縄はもう何回も行ってるんですけどね~行く度に違った楽しさがあります。

GGショップ

現代ギターでお馴染みの要町にある現代ギター社、GGショップでも
「霓のみち」の販売が開始されましたので、コンサートのついでに是非お買い求めください!

来週から少し旅にでようかななんて思っています。
プロフィール

もとき

Author:もとき
11歳よりクラシックギター、13歳よりエレキギターを始める。クラシックギター
を木村恵一、 小川和隆に師事。また、師である10弦ギタリスト小川和隆の影
響を受け10弦ギターでの演奏を開始。ジャズギター、音楽理論を天野丘に
師事。
クラシックギターの奏法を軸に様々なジャンルのアーティストと共演し、
今までに数多くのレコーディングやライブに参加。

また作曲家、アレンジャーとして映画音楽、ゲーム等各方面に
曲を提供し、ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している。

ギター実演
岡本知高シングルNHKみんなのうた「空へ」
新妻聖子「MUSICAL MOMENTS」収録「Memoly」「 I'll Never Fall In Love Again」
伊藤咲子「伊藤咲子全曲集」収録「木枯らしの二人」
合田道人「合田道人全曲集」収録「門出の乾杯~わかれのグラス~」
マジカルハロウィン4挿入歌「上田敦美/Crossing Heart」
マジカルハロウィン5挿入歌 「久遠の絆 / Atsumi Ueda」「月の翼 / Sana」

監修・演奏・解説
「島村楽器株式会社クラシックギター教本」

作曲
中国映画「奔爱」オープニングテーマ※菊地圭介氏と共作
中国映画「海を超えた愛」楽曲制作
Winking Entertainment 「Heroine Anthem ZERO」BGM製作
FEEL THE NATURE -TAHITI BLUE-

最新記事
Twitter on FC2
weibo
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード